エントリー

2013年05月12日の記事は以下のとおりです。

新約・7出ましたね! みさきち表紙であらすじアレなんでどうなるのwktk! だったんだけど、蓋を開けてみればまさかのつっちー無双だとは…。この敗北感…!

 

 

130511-1.png

●みさきち

 いやもう、この子語らねば嘘でしょう今回!
…と、思っていたのだが…。あれ…?
本の厚さに対しての出番は少なめでござったね…。あれれ…???
上条さんとの何か因縁があるんだなー、でもそれで無条件に助け船出しちゃえる大きいものなのかな。
怒られたことがあるっぽいから、間接的に何かあったのかな。操作してる人間を上条さんがそげぶしてそれが伝わった…とか?
でもこう、私的にはもっとこう、アニレーでいう婚后さんみたいなのを期待していたので、かなり拍子抜け…。
後半の戦闘シーンも、よくもまぁ無傷で歩いて行けるねーって、さすがレベル5で心理掌握、周囲の状況分析とか予測とかに長けてるんだね! という、理解、で、いいんすよね?
しっかしこうしてみると、みこっちゃんの立ち位置って本当にキレイなんだねー…。

●つっちー

ごめんなさい、舞夏がああなっても「ブラフブラフ」って信じてませんでした。結果その通りだったけど。
でも雲川センパイとの場面は読んでて痛かった…。センパイとつっちーならつっちーを取るので、センパイ退場でも良かったけど、妹とセンパイでも(ry。
あれ、第二位かな…それとも普通にクローニングのあれなのかな…。ブルブル。
今回の主役は本当につっちーだったなぁ。
いつものつっちーじゃない変装つっちーのが好きです。←

●海鳥ちゃん

今巻の主役がつっちーなら、ヒロインは間違いなく海鳥ちゃんだね。
海鳥ちゃんが上条さんを助けようとしてるところ、一方さんで置き換えていましたゴメンナサイ。だって口調が…。←
まだ『新入生』諦めてなかったのか…。
なんつーか、スキルアウトばりの小悪党臭がするんです…パシリとかしてるからかね。
そしてついに浜面とのフラグが立ったのか? 立ってしまったのか??
さらに、海鳥ちゃんのピンチに颯爽と現れる番外個体はまだですか?

●まさかの

むぎのん! むぎのん!
へーそ! へーそ!←
ちょっとローライズ気味なところが寒そうでしたが、とゆーか11月だろう…? インナー着ようよ…風邪引いちゃうよ…。

130511-2.png

 

●まさかの・2

第7位があああああああああああああカラーだぜええええええええええ!!!!!!
あれ、これだけ?

●まさかの・3

第6位キタアアアアアアアアアアア!!!!??????
あれ、違うの…?

●まさかの・4

一方さん出番あったあああああああ!!!!????(微妙)
しかも上条さんと会話してるよおおおおおおおおお!!!!!
この辺で、その他と主役級の違いがですね出てる訳ですよ!!!!!!←
「ここの主役は俺じゃねェ」なにこの神…格好良すぎるんですけど…←
だが言わせてもらうぞ一方通行。いくら先手を打つためとはいえ、今の状況で打ち止めの側を離れるべきではないと!
同じことが起きるかもしれない、と思ったのならば! 打ち止めを離さずに守ってなきゃ駄目だろおおおおおおおお!!!!!
「今日のあなたはどこか怯えてるね? どうしたの? ってミサカはミサカは頭をなでなでしてみたり」ナデナデ
「…何もねェよ。手ェどけろ」
「それは嘘、ってミサカはミサカは指摘してみたり。だって今日のあなた、ずーっとミサカのこと見てる、見失わないように気を張り詰めてる、ってミサカはミサカは根拠を並べてみたり」
「…」スルドイ
「大丈夫だよ、だってあなたがいるもの、って、ミサカはミサカは全幅の信頼を寄せてみたり」ニッコリ
「……オマエはな」ボソリ
「え? 何が? ってミサカはミサカは問いかけてみる」キョトン
「…何でもねェ」
っていうね!←
ミサカの総意について、一方さんはきっと新しいトラウマになってる気がするので、いつか打ち止めがミサカの総意のもと、自分の元から去って行くんじゃないかって危機感を抱くと良い!!!!!←
しかしいつも思うんだけど、どうやって情報集めてるんだろうねぇこの人達。

130511-3.png

 

●みこっちゃん

最近のみこっちゃんは本当どうしちゃったの…? というくらい別人ですねぇ。
新約・3で部外者カテゴリに入れられちゃったからなんですか…?
言葉遣いとか言葉遣いとかがね、古式ゆかしい決闘方法を踏襲している、作法を極めた上で崩すところは崩しているという設定、嘘だろ…? ってくらい荒々しいんですが。
ぶっちゃけ下品? チンピラ?
まぁ、初期からずっと、それツンデレじゃないよ…デレがないよ…ただの因縁ふっかけてくる嫌な女でしかないよ…ってところが多々あったので、それがギャグ要素になってもっと酷くなったってことでしょうかねぇ。
妹達編のみこっちゃんを思い出して…!!! 今まさにタイムリーだし!←

●通してみて

フレメアたん成長物語。ということで完結した。←
なんかまた木原が蠢いてるけど、本家悪役の筈のアレイスターはどこいったのか。
そしてイギリス清教の空気っぷりがヤヴァイ。
まぁ、科学サイド寄りでないと一方さんが出てこないので、それはそれでいいですが。←
ついったでもつい呟いたけど、新約に入ってからのコレジャナイ感が本当に何故なのか分からない。制作側はそれを狙ってるんだろうとは思うけれど、「読者を常に裏切り続ける!」っていうスタンスは全然ありだけれど、裏切り方がズレている、ような…。「こうきたか! やられたー!」っていうんじゃなくて、「えーと? どうしてこうなった?」っていう残念感が…。
皆さんは感じませんか?
私はがんばって一方通行のために読み続けますけどね!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

calendar

042013/0506
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

archive

Twitter

Twitter